Coto.ha.na.News

2017.02.15

【採用情報】

社会課題にデザインを。 / デザイナー募集


th_IMG_0215.jpg

いま、社会的活動にデザインが求められています。
ただ単に見た目をきれいにしたり、インパクトを与えたりするわけではありません。
どうすれば考えが伝わるか、どうすれば課題解決につながるのか、
広い意味でデザインを捉え、アイデアと技術で想いをカタチにする力が問われています。

デザインで想いをカタチにすることで、
社会に大きなムーブメントを起こすことができます。
デザインに関わってきた人も、これからデザインを考えていきたいという人も
社会課題を一緒に解決していきませんか。

未来は自らつくる。
あなたのアイデアや技術、想いをカタチにする力を
私たちに、そして社会に貸してください。


【POINT -ポイント-】

成果を肌で感じられる
私たちの仕事は、利用者、連携団体、地域の方々など一人ひとりと顔を合わせながら仕事をしています。顔が見えることで取り組んだ成果を肌で感じることができます。本当に必要とされている価値が提供できた時にもらえる「ありがとう」は格別です。

社会を変える現場がある
「北加賀屋みんなのうえん」や「ひとしごと館」など、前例のないプロジェクトに挑戦しています。誰もやったことがないことなので、壁にぶち当たることも多いですが、それを乗り越えて課題を解決していくことが仕事のやりがいです。

学びが多く成長できる
デザインの現場では、市民から専門家、行政まで様々な方と接する機会がとても多いです。支援団体の方やさまざまな分野の専門家から得られる学びや気づきに溢れていて、自分の世界を広げることができる仕事です。

th_IMG_3751.jpg



【STAFF VOICES -スタッフの声-】

<コミュニティデザイナー> 金田 康孝

事業の立ち上げから運営まで、「コミュニティデザイン」の視点を通して関わっています。クライアントの考えている事業を一緒になってイチからつくっていくこともあれば、自社のプロジェクトでもある「北加賀屋みんなのうえん」の運営なども行っています。
どうすれば地域に暮らす人たちやプロジェクトに関わる人たちの力を最大限引き出せるのかを考え、それぞれの夢を実現するお手伝いをしています。

やりがいは、仕事を通してたくさんの人の夢に触れることができることです。誰でも色々な事情があって諦めていたり、実現できていない「やりたいこと」を持っていると思います。そこに少しのスパイス(人との出会い、背中を押す、環境を整えるなど)を加えることで、新しい取り組みや予期せぬ出来事が生まれる瞬間が一番ワクワクします。

th_201405タマネギとだだちゃ豆_09.jpg


<デザイナー> 中村 円香

私は、「デザイナー」としてコトハナに関わっています。
グラフィックデザインを中心に仕事をしていますが、時には空間のデザインをしたり、企業や団体のブランディングをしたりしています。
コトハナでは、分野を超えた様々なデザインをすることが出来ます。
クライアントの想いに寄り添い、ニーズに合わせたデザイン提案をしていくことが、コトハナまた、私が関わる仕事はチームで行う場合が多いです。それは社内のチームだったり、社外の全く異なる分野の人だったりします。
私は分野を超えた人々と一緒に、同じ目標を持って1つのものをつくっていくことにやりがいを感じています。
1人で考えていても生まれない物事がチームだとカタチになる。
「デザイン」という手法で自分たちがいつもいる場所とは違う領域に踏み込んでいけることがとても面白いです。

th_中村さん.jpg


<コミュニティデザイナー> 藤野 宏美

現在は主に「ひとしごと館」の企画運営を行っています。プロジェクトが自立運営するための事業プランを考え、実践しています。そのためには地域の方との関係性づくりや、メンバーの主体性をどう引き出すかを考えています。ひとしごと館の他にも、他の担当者の業務のファシリテーションや、子どもと大学生が一緒に1つのものを創り上げるプロジェクトの管理などをしてきました。

始めは知らない人同士だった人がチームになり、それぞれが考えた以上のことが実現できたときにやりがいを感じます。例えば料理が好きな人や、会計ができる人、雑貨づくりが好きな人が集まり、マルシェを完成させることもあります。ひとりの力では成し遂げられなかったものを生み出し、さらに良いものを目指していく。そんな前向きな雰囲気の場やチームができたときがとてもうれしいです。

th_03.jpg


<グラフィックデザイナー> 芝田 陽介

コトハナのデザインは、ひたすらパソコンに向かってずっと事務所にこもってやるものではありません。コトハナでは、クライアントとの打ち合わせや現場での情報収集など、まず自分たちが人と関わったり、その場に身を置いたりすることで、目の前の人の想いに共感したり、課題や問題の切実さを実感することから始めます。何よりも自分たちがまず、リアリティを持つことが大事だと思っています。

なので、コトハナではとにかく現場に出ることや、いろんな年代の人と関わってプロジェクトを進めることが多いです。下は小学生から、上は地域のお年寄りまで、様々な人のリアルな声を聞くことで、今の社会に何が求められていて、そのためにどんなデザインが必要なのかがはっきり見えてきます。人や社会と近い距離でデザインして、その反応がちゃんと返ってくることが何よりも魅力的だと感じています。

th_IMG_1814.jpg



【SELECTION STEP -採用ステップ-】

スクリーンショット 2017-02-09 14.18.36.png


【MESSGAE -メッセージ-】

私たちは「未来は自らつくる」ということを大切にしています。
「社会課題をデザインの力で解決する」という考えをもとに、“こんなことがしたい”という
スタッフの想いをできるだけ実現できる環境をつくっていきたいと考えています。
「社会をより良くしたい」という熱い想いをお持ちの方や、
デザインの可能性に共感いただける方に、ぜひコトハナに入社していただきたい。
これからの社会をともに築いていく仲間をお待ちしています。


【OCCUPATION -募集職種-】

【職種】
・グラフィックデザイナー
・コミュニティデザイナー
・事務・広報

【主な仕事内容】
・ブランディング
・フライヤー、エディトリアルデザイン
・撮影
・ライティング
など

【雇用形態】
正社員(3ヶ月間 試用期間あり)、パート・アルバイトスタッフ

【応募資格】
word、excell、power pointなどが使える方
(Illustrator、Photoshop使える方歓迎!)
資格や経験は問いません。デザインの可能性を信じ、志を持って取り組める方。

【勤務地】
■大阪オフィス
大阪市住之江区北加賀屋2-10-21
大阪市営地下鉄 北加賀屋駅より徒歩1分

■東京オフィス
〒107-0062 東京都港区南青山2-15-5
東京メトロ半蔵門線 青山一丁目駅より徒歩6分

【勤務時間】
9:30〜18:30 (休憩あり、残業あり)

【休日】
土曜日、日曜日、祝日、年末年始休暇、夏期休暇、慶弔休暇 (その他の休暇については相談の上決定)

【給与】
18万円〜 (試用期間中は15万円程度)
※当社規定により経験・能力を考慮し前後する可能性あり。面接・面談後に決定。
※業績に応じて、年1回、昇給の機会あり。

【待遇】
・各種社会保険完備 (労災保険・雇用保険・健康保険・厚生年金)
・交通費支給(月額上限1万円)
・業績の応じ年1回賞与支給
・研修・資格補助あり(業務への必要性が認められた場合)
・定期健康診断

【採用対象】
中途、新卒問わず

【採用プロセス】
1.弊社へ応募の旨をご連絡ください。全員へご返信させていただきます。
連絡先:info@cotohana.jp

2.弊社へ履歴書・ポートフォリオ(これまでの活動がわかるもの)をご郵送ください。
※ コミュニティデザイナー、事務・広報スタッフ希望の方は、ポートフォリオのご送付は任意で結構です。
※ その他自己PRできる資料(形式自由)があれば一緒にご送付ください。
※ お送り頂いたものは原則お返ししておりません。

3.1次面接
書類選考を通過された方へ、スタッフよりご連絡させていただきます。弊社で、ポートフォリオなどをもとに面談させていただきます。

4.2次面接

5.結果通知

【応募方法】
ポートフォリオ、履歴書、その他自己PRできるものを下記住所に送付ください。
(※お送りいただいた書類は返却はいたしませんのでご了承ください)

送付先:〒559-0011 大阪市住之江区北加賀屋2-10-21 NPO法人Co.to.hana 宛

【お問い合わせ】
NPO法人Co.to.hana(事務局:田中)
Tel:06-6654-8830
Fax:06-7635-8227
mail:info@cotohana.jp
web:http://cotohana.jp
2017.02.15 14:28 / info
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

top

Powered by さくらのブログ