Coto.ha.na.News

2013.09.21

ハローライフで開催中の「山崎亮の働き方展」、企画・デザインを担当させていただきました

8月16日からハローライフで始まった、特集企画第一弾「地域デザイン」。
開催から約1ヶ月半、いよいよ会期も今月末までとなりました。

コトハナでは今回、3階ギャラリーでの展示「山崎亮の働き方展」の
企画・制作を担当させていただきました。
今回は、その様子をご紹介したいと思います。

yamazaki_01.jpg

この展示は、“コミュニティデザイナーの生き方から見えてくるもの〜”という副題が示す通り、
大阪を代表するコミュニティデザイナーである山崎亮さんや、
山崎さん率いるstudio-Lのメンバーの方々の「生き方」から見えてくる、
働くことの本質に迫った展示です。

ハローライフの展示では、1階のブックライブラリー、カフェスペース、
2階のワークサポートブース、3階のギャラリースペースの全てを連動させて、
全館で「地域デザイン」を特集しています。


まず、入り口を入ってすぐの、ライブラリスペースとカフェスペース。

壁一面に並ぶ本棚の一部には、今回の特集企画に合わせた、
期間限定特集本棚が設置されています。
こちらには、studio-Lさんおすすめのコミュニティデザインに関する書籍や、
2階で求人特集されている企業の方の推薦本が置かれています。

コミュニティデザインとはそもそも何?という方にも、
地域デザインに関わる人たちがどんなことに注目しているのか、
何に興味を持っているのかを知りたい方にも、充実した内容になっています。

yamazaki_02.jpg


同じく1階の日本茶カフェ、「CHASHITSU for worker」でも、
今回の企画展に合わせた期間限定特別メニューが楽しめます。

studio-Lさんがお仕事で関わられた、兵庫県の家島の特産、
「のりっこ」を使用したおむすびや、島根県の海士町の特産「ふくぎ茶」。

こちらも、展示期間中のみのメニューになりますので、お越しの際は是非お試しください。

yamazaki_03.jpg


1階のフロアを出て、3階に上がるまでの階段部分には、
山崎さんの幼少期の写真や子どもの頃に描いた絵、
小学校や中学校の時の文集や成績表などが壁にびっしり。

yamazaki_04.jpg

しかもその一つ一つに、山崎さんの直筆のコメントが書かれています。
山崎さんがどんな幼少期を過ごしてきたか、studio-Lを立ち上げるまでを振り返って、
生い立ちや恩師の先生との出会い、大切にしてきた想いに迫る展示構成になっています。

yamazaki_05.jpg


そして2階の求人スペース。
こちらも今回の企画に合わせて、地域デザインの求人が重点的に特集されています。

丁寧に取材された求人記事を読むこともできますし、
気になる企業について、スタッフに詳しく相談することもできます。

yamazaki_06.jpg


そして3階。

ここがメインの展示会場になるのですが、
山崎さんがstudio-Lを立ち上げた当初の想いや、立ち上げメンバーの当時の感想、
現メンバーの想いに迫ったインタビュー動画、メンバーが日々働く中で、
大切にしてきた言葉などの他、山崎さんの企画書、アイデアノート、スケッチ等、
普段絶対に目にすることのできない貴重な資料まで、かなり濃い展示内容になっています。

yamazaki_07.jpg

その他にも、山崎さんが1週間、具体的にどのような働き方をしているのか
に迫った「山崎亮の1週間」や、山崎さんの働き方に影響を与えた人物の紹介、
山崎さんが考える「儲ける」とはなにかに迫った展示等、
雑誌や本等では書かれていない山崎さんの裏側の部分を通じて、
山崎さんやstudio-Lの考える「働く」ということに対しての、
本質的な部分が見えてくる内容になっています。

yamazaki_08.jpg


展示の初日には、3階ギャラリーで、山崎さんと
ハローライフ代表・塩山さんとのトークショーが開かれました。

「山崎亮さん!働くって何ですか?」と題して、
山崎さんの考える「働く」とはどういうことかに迫った内容で、
まじめな話ながらも終始笑いの絶えないトークショーでした。

yamazaki_09.jpg


イベント最後には、山崎さんの考える「働く」とはどういうことかを、
1枚のパネルに書いていただきました。
こちらも会場にしっかりと展示してありますので、どうぞお見逃しなく!

yamazaki_010.jpg

トークショーの詳しいレポートは、ハローライフHPに掲載されていますので、
そちらをご覧下さい。

イベントレポートはこちら


トークショーの後は、1階のCHASHITSUで懇親会が開かれました。
こちらは、なんとCHASHITSUのブースに山崎さんが入り、
お客さんをおもてなしするという、なんとも贅沢な内容。

カウンターの上には、参加者の方が持ち寄ってくれたおすすめの料理やスイーツなど、
たくさんの料理と一緒に、北加賀屋みんなのうえんで採れた野菜を使った、
色鮮やかなブルスケッタも並びました。

yamazaki_011.jpg

たくさんのお客さんが、山崎さんに質問を投げかけるのですが、
一人一人に対して、丁寧に、真剣に返事をされている様子が、とても印象的でした。

この1日、トークショーでのお話の内容や、お客さんへの関わり方などを通じて、
今の「働き方」そのものに通じる姿勢を垣間みることができたように思います。

yamazaki_012.jpg


特集企画「地域デザイン」、3階の「山崎亮の働き方展」は、ともに9月30日まで。

会期もあとわずかとなりましたが、皆さんも是非じっくりと、
山崎さんの生き方から見えてくる働き方に触れに、
ハローライフへお越し下さい!

yamazaki_013.jpg
2013.09.21 19:44 / ハローライフ
2013.08.01

ハローライフ特集企画「地域デザイン」、いよいよ8月16日から始まります!

yamazaki.gif


コトハナが企画・制作で関わっているハローライフの特集企画展。
その第一弾となる「地域デザイン特集」がいよいよ8月16日から始まります!

地域デザインとは、地域の様々な問題や課題に対して、
その地域に住む人たちがコミュニティをつくり、自分たち自身で問題を解決していけるよう、
持続性のあるしくみをつくっていくデザインのこと。

今回の企画展では、この地域デザインにスポットをあて、
その分野の第一線で活躍されているコミュニティデザイナーの山崎亮さんや
studio-Lのメンバーのみなさんの働き方、生き方に迫るギャラリー展示や、
「地域デザイン」に関するワークショップ、トークイベントを開催し、
そこから見えてくる「働く」ということについての本質に迫ります。

その他、「地域デザイン」に関わる特集求人、1Fの日本茶カフェブースでの
期間限定特別メニューの販売や特集本棚コーナーなど、
様々な切り口から「地域デザイン」という仕事の魅力や実態に迫ります。

今、社会的にも大きな注目が集める「地域デザイン」、
皆さんぜひ、ハローライフでその魅力に触れてみてください!


●特集企画展の詳細についてはこちら
●特集企画展のイベントについてはこちら
●地域デザインの求人に関してはこちら

ハローライフHP http://hellolife.jp
2013.08.01 14:20 / ハローライフ
2013.06.15

あなたの人生にいい予感を運ぶ、仕事ライブラリー「ハローライフ」がオープン!!

5月12日、大阪本町に、「ハローライフ」という新しいワークプレイスが誕生しました。

ここは、働くことに関するあらゆる情報を発信する複合施設。
「あなたの人生にいい予感を運ぶ、仕事ライブラリー」をコンセプトに、
1階から3階まで、働き方や仕事に関係する情報、それに関わる書籍、求人紹介など、
働くことに前向きになれるコンテンツがぎっしり詰め込まれています。

hellolife_01.jpg


コトハナはこのハローライフプロジェクトの企画段階から携わり、
1階から3階までの施設全体の空間デザインと、
CHASHITSU for worker」のブランディングを担当しました。




順に簡単な施設紹介と、空間デザインの説明をさせていただきます。

1階にあるのは、「CHASHITSU for worker」という
日本の茶室を現代風にアレンジした、モバイル型のカフェスペース。
その名の通り、ワーカー(worker)の為に考えられたスペースです。
この”ワーカー”には、働く人だけではなく、現在お仕事を探している方も含まれています。

hellolife_02.jpg


コンセプトは、「働く人・お仕事探し中の人を応援する日本茶カフェ」。
7種類あるお茶は、日本茶やハーブティーをベースにしていて、
それぞれ疲労回復や、リラックス効果など、働く人・お仕事探し中の人の
日常の悩みを解消するための独自の効能を持っています。
今後、季節やイベントに合わせた、期間限定メニューやコラボメニューも生まれていく予定です。


hellolife_03.jpg


ロゴマークには、日本茶のもつ伝統的な要素と、旗を振って「worker」を応援する、
という意味合いを込めて、日本国旗をモチーフにしてデザインしました。
ショップカードや、カップにつけるタグ等も同一のコンセプトでブランディング展開しています。

また、CHASHITSUのキューブの側面には、錆びた鉄を使っていて、
こちらは、古くから日本人が大切にしてきた「朽ちていく美しさ」や
「わびさび」を表現しています。

その他にも、茶釜、急須、スタッフの制服やメニュー表まで、
あらゆるものに「日本の伝統と美しさ」を感じさせるものを選んで構成しています。

hellolife_04.jpg


壁一面に設置された大きな本棚には、ブックコーディネーターがセレクトした、
約200冊もの書籍がラインナップされています。

本は全て、「仕事」や「働くこと」、「働き方」に関連したもので、
ジャンルも、文庫本から小説、雑誌、ファッション紙、絵本まで、幅広く揃っているので、
いろんな角度から見聞を深めることができます。

hellolife_05.jpg


カウンターの大きな窓越しには、四季折々の色合いを見せてくれる
靭公園の気持ちのよい景色が広がっています。

ここで自分の体調にあったお茶を飲みながら、
気に入った本をじっくり読むのもいいかもしれません。




2階は、お仕事探し中の方向けの情報を提供するスペース、
WORK SUPPORT BOOTH オシゴトサカソ」。

ワークコーディネーターが常駐して、お仕事相談、求人情報紹介など、
働くことに関するさまざまなサービスを受けることができます。


hellolife_06.jpg

こちらがオシゴトサカソのスタッフが相談に乗ってくれる受付カウンター。
求人や講座の案内、面談の申し込みなどはこちらでおこないます。


hellolife_07.jpg

その横にあるのは、個別にじっくりとお仕事の相談ができる個別相談室。
朽ちた白いペンキがかわいらしい外壁に、大きな四角い窓が付いていて、
存在感のあるスペースに仕上がっています。


hellolife_08.jpg

2階にも、1階同様に大きな本棚があり、
そこにはハローライフがピックアップして、独自に見学・取材した、
おすすめ企業の求人票がストックされています。
箱の中には、取材音声や写真などが収録されたDVDが入っていて、
PCブースでゆっくり閲覧することができます。


hellolife_09.jpg

カウンター席からは、靭公園の大きな木が見えて、とてもゆったりした空間。
ここでゆっくりお仕事探しをするもよし、1階の本を持ってきて読むのもよし、
いろいろな使い方のできるフロアです。




3階は、ギャラリー兼、イベントスペース
主に「働く」や「仕事」に関する企画展示や、トークショー、
ワークショップの会場として使われます。

その他にも、求職中の方や企業向けの登録会、面談、
スキルアップ講座等もここで開かれます。

hellolife_010.jpg


写真は、ハローライフのオープニング企画で開かれた、
日本仕事百貨のナカムラケンタさんのトークショーの様子。
このように熱のこもったイベントや企画が、すでにたくさん開かれています。

hellolife_011.jpg


もちろん、カフェとしても解放していますので、
1階でお茶を買って、ここでゆっくり本を読んだりお仕事もできます。
wi-fiや電源も使えますので、ノマドワークもできますよ。

3階の窓際の席からも、1階、2階とはまた違った景色が見えますので、
是非一度くつろぎにいらして下さい。




「しあわせを感じながら働く人が、この場所からたくさん生まれるように。」
そんな想いを込めてつくられた新しいワークプレイス、ハローライフ

誰もが「働く」ことに思い悩むこの時代に、きっと新しい価値観と希望を
感じさせてくれるに違いありません。

皆さんも、是非一度ハローライフに来て、新しい仕事や働き方に触れてみてください。

hellolife_012.jpg




コトハナは、引き続き3階ギャラリースペースの企画・展示に関わっていきます。
ハローライフの最新ニュースは、今後もこのブログで発信していきますので、
引き続きご注目ください!


ハローライフ
CHASHITSU

2013.06.15 22:43 / ハローライフ

top

Powered by さくらのブログ