Coto.ha.na.News

2013.12.27

12月21日 Social Aciton Circleで募金活動を行いました!

12/21(土)に神戸三宮マルイ前で、Social Action Circle(以下SAC)の
第一回目の活動として、小児がんの子どもたちが笑顔で、
家族と共に治療を進めることができる環境作りを目指す
日本で初めての専門治療施設、チャイルド・ケモ・ハウスの支援のための
募金活動を行いました。

ss_s_IMG_8046.jpg

クリスマス目前!ということもあり、SACメンバーで

「クリスマスツリーにメッセージを集めて、そのツリーをチャイケモに届ける!」

というテーマを決め、この日にむけて
手作りのクリスマスツリーとメッセージカード、
プレゼントボックス形の募金箱を準備しました。

当日は雨が振ったりやんだりというぐずついたお天気でしたが、
駅前ということもあり、多くの人が行き交います。

ss_IMG_8036.jpg

より多くの人にチャイルド・ケモ・ハウスのことや
SACのことを知ってもらおうと、配布用のチラシも作りました。
もちろんSACメンバーがデザインしています!

呼びかけと同時にチラシを配布していくことで、いろんな年代の方に
興味をもっていただくことができ、足を止めて話をしてくれたり、
メッセージや募金をいただいたりしました!

ss_IMG_8054.jpg

ss_IMG_8079.jpg

ss_IMG_8052.jpg

書いてもらったメッセージは、直接ツリーに飾りつけしていただきます。

ss_IMG_8041.jpg

ss_IMG_8050.jpg


また、活動の途中では、「アニマルマスク」をつけて呼びかけを行う場面も!

ss_IMG_8057.jpg

メンバーがつけている「アニマルマスク」は、
医療者がつけている「白いマスク」に恐怖心が湧いたり、
マスクをつけるのに抵抗のある子ども達が、
マスクに慣れ親しみ、楽しむことができるようにという目的で
チャイルド・ケモ・ハウスが考案したものです。

かわいらしい見た目に、注目度バツグンです!


初めは緊張していたメンバーたちも
いろんな方の温かい気持ちに触れていくにつれて
だんだん笑顔と声が出てきました。

ss_IMG_8094.jpg

チラシを積極的に渡し、たくさんのメッセージと募金をいただいていきました。

ss_IMG_8114.jpg

ss_IMG_8095.jpg

ss_IMG_8106.jpg

みなさんにご協力いただいたおかげで、
5093円の募金と、たくさんのメッセージを集めることができました!

ss_IMG_8061.jpg

また、このツリーは、12/24にチャイルド・ケモ・ハウスに
届けさせていただきました!


Social Action Circleでは、チャイルド・ケモ・ハウスをはじめ、
さまざまな社会的な課題に対してActionを起こしていきますので、
今後ともご支援をよろしくお願いします。

これまでの活動内容はこちら→Social Action Circleブログ / facebook

2013.12.27 11:35 / Social Action Circle
2013.12.10

12月8日 SAC第二回作戦会議!

12/8(日)に作戦会議を大阪梅田で行い、
12/21(土)に神戸市内で第一回目の募金活動を行うことが決まりました!
現在、その準備を学生主体で行っている最中です。
(活動内容はこちら

ss_s_IMG_8008.jpg

この日は、前回に引き続き、サークルのビジョンとミッションを考えていきました。
「付箋なんか狭すぎる!」とばかりに、模造紙に直接書き込みながら進みます。
模造紙はあっと言う間に埋まり、ビジョンとミッションの大枠が固まりました。

ss_IMG_7961.jpg

そのあとは休憩を挟み、募金活動についてタスク出しとチーム分けを行いました。
さまざまな募金活動の事例をリサーチしてきていたこともあり、
話し合いはどんどん盛り上がっていきました!

ss_IMG_7998.jpg

作戦会議に参加できなかったメンバーとは、facebookやLINEなどを通じて
情報共有や連絡を密にしていきます。

学生たちはスピード感を増して、どんどん進んでいます!
どんな募金活動になるのか、目が離せません!

ss_IMG_7988.jpg

サークルメンバーはまだまだ募集中です!
一緒に活動していきたい!という大学生の皆さん、
ご連絡お待ちしています!
2013.12.10 13:34 / Social Action Circle
2013.12.03

12月1日 SAC第一回作戦会議!

12/1(日)に、第一回作戦会議を、神戸三宮にあるKIITOという施設で行いました。

ss_s_IMG_7686.jpg

Social Action Circle のビジョンとミッションを考え、
どんな募金活動を行いたいかを話し合いました。

付箋に書いて、話し合って、付け足したり、膨らましたり…。

ss_IMG_7712.jpg

それを繰り返していくうちに、みんなが抱いている気持ちが、
少しずつ輪郭をもって現れはじめました。

ss_IMG_7708.jpg

時間がまだまだ足りないね、と感じながら、次回の作戦会議の日を決めました。

それぞれがいろいろと考えつつも、「みんなと活動することが楽しみで仕方ない!」という気持ちが
表情にも現れていて、これからどんなサークルになっていくのか、とても楽しみです!
2013.12.03 13:33 / Social Action Circle
2013.11.18

11月16日 Social Action Circleキックオフを行いました!

大学生が社会問題に取り組む学外サークル『Social Action Circle』が動き始めました!
facebookページもできました!

SAC2.jpg

このサークルでは第一回目の活動として、小児がんの子どもを支援するための募金活動を行います。
11/16(土)にキックオフが開催され、兵庫・大阪・京都・和歌山・岡山から30人近い大学生が集まりました!

このイベントでは、チャイルド・ケモ・ハウスの施設見学とトークセッション、
社会問題と今後の活動について話し合うワークを行いました。
チャイルド・ケモ・ハウスは、小児がんの子どもたちが笑顔で、
家族と共に治療を進めることができるような環境作りを目指す日本で初めての専門治療施設です。

チャイルド・ケモ・サポート基金事務局長の萩原さんから施設の説明を聞きました。

SAC3.jpg

住居部分を見学していくと、「私も住みたい!」という声がたくさんあがるほど、
素敵な工夫がたくさんありました!

SAC1.jpg

施設見学が終わり、トークセッションに移ると、学生たちの表情が変わります。

SAC4.jpg

各運営団体の代表から活動内容や、学生だからできること、
小児がんの子どもたちとチャイルド・ケモ・ハウスのことや、そのデザインなど、
幅広く話を聞くことができました。


その後、社会問題やサークル活動について考えるワークを行いました。
各テーブルに1つのテーマがあり、話したいテーマを選びます。
5つのグループに分かれて、学生とスタッフがお互いに意見を出しあいました。

SAC5.jpg

ワークのあとは、チャイルド・ケモ・ハウスのレストランで
軽食をつまみながら、交流会を行いました。
めったに交流のきないような他大学の学生とも顔を合わせたこともあって
普段とは異なる刺激をたくさん吸収することができました!

SAC6.jpg

大学生の「社会課題を解決したい!」という強い思いが感じれた1日でした!

2013.11.18 20:15 / Social Action Circle
2013.10.24

【参加者募集】11月16日、Social Action Circle、キックオフイベント開催!!

【社会問題に取り組む大学生の参加者募集!!】

Social Action Circleとは、さまざまな大学や分野の大学生が集まり、
社会問題に対してアクションを起こしていく学外サークルです。
大学生のみなさんが主体となって、学びや実践を繰り返しながら、
さまざまな社会問題にチャレンジしていきます。
第一回目の活動として、小児がんの子どもを支援するための
募金活動を企画します。

小児がんは、毎年2,000人〜3,000人の子どもたちが発症しており、
今も16,000人近い子どもが小児がんと闘っています。
また、免疫力の低下から、家族や兄弟と会うことすらできなかったり、
カーテンで仕切られたわずか2坪の空間で、長期間の闘病生活を送らなければいけないなど、
子どもらしい生活を送ることができない環境がたくさんあるのが現状です。

今回の企画は、そんな小児がんの子どもたちが笑顔で、
家族と共に治療を進めることができるような環境作りを目指す
日本で初めての専門治療施設、「チャイルド・ケモ・ハウス」
を支援することを通して、大学生が社会問題に興味をもって取り組むきっかけ
になることを望んでいます。


sac_01.gif

sac_02.gif


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんなことに興味がある人集まれ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・イベントの企画・運営
・医療・福祉
・社会問題
・学生同士のつながりをつくりたい
・デザイン
・何かやってみたい
・ボランティア
・子どもが好き

学べること、体験できること・・・
企画書のつくり方、社会での実践、上記の項目、etc...


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
キックオフイベント開催!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これから大学生のみなさんでつくっていく「Social Action Circle」の第1回目 の活動です。
大学生なら、どなたでも参加できます。第1部では、チャイルド・ケモ・ハウスの施設見学やトークセッション、
第2部では、 社会問題について理解を深めたり、今後どのような活動をしていきたいかを話し 合う作戦会議を行います。
また、イベント終了後には、軽食をつまみながらの交流 会を予定しておりますので、ぜひご参加ください。

<ゲストスピーカー>
萩原 雅美(公益財団法人チャイルド・ケモ・サポート基金 事務局長)
河内 崇典(NPO法人み・らいず 代表理事)
西川 亮(NPO法人Co.to.hana 代表理事)

<イベント概要>
開催日時 | 2013年11月16日(土)13:00 - 16:00(12:50集合)
場所 | TRI 臨床研究情報センター
(神戸市中央区港島南町1-5-4、神戸新交通ポートライナー「三宮駅」から
乗車12分「医療センター(市民病院前)」駅 下車すぐ
定員 | 40名(先着順)
締切 | 11月13日(水)
申込み方法 | @氏名(ふりがな) A学校名・学年 B電話番号 Cメールアドレス
を、下記<お申込み先>まで、電話もしくはメールにてお伝えください。

<お申込み・お問合せ先>
Social Action Circle運営事務局(NPO法人み・らいず内)
Tel | 06-6683-5533  Mail | me-rise@me-rise.com


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
運営団体紹介
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<NPO法人み・らいず>
誰もが望むかたちで、あたりまえに地域(LOCAL)で生きる(LIVE)ことができる社会を目指し、
障害のある人、発達障害や不登校や引きこもりの子どもたち、高齢者への支援を行っています。

<NPO法人Co.to.hana>
デザインが持つ、「人に感動を与 える力」「ムーブメントを起こす力」 「人を幸せにする力」により、
社会問題や地域の課題を解決していく ことを目指し、各分野にとらわれず総合的なデザインを行います。

<チャイルド・ケモ・ハウス>
小児がん治療中の子どもたちとその家族のQOL(生活の質)に配慮した日本で初めての専門治療施設です。
ここでは、自分の家のような環境で家族が共に暮らしながら小児がん患者が安心して
化学療法(抗がん剤治療)を受けることができます。
2013.10.24 17:43 / Social Action Circle

top

Powered by さくらのブログ