Coto.ha.na.News

2015.08.04

北加賀屋クリエイター交流BBQ @ Bridges !!!

今、コトハナでは北加賀屋の魅力を発信するための広報物制作を行っています。
北加賀屋で活動するアーティストやクリエイターや拠点を紹介しつつ、10月、11月のイベント情報を網羅した、マップ+イベントパンフというものです。

今回は、その広報物をつくるために、北加賀屋クリエイターの交流会(秘密のVIPスポットでのBBQ)を開催させていただいたので、そのレポートをお送りいたします。

s_1top_IMG_0793.jpg



ちょっとその前に、北加賀屋のことを。


僕たちが活動の拠点を構える、大阪市住之江区の北加賀屋。


大阪の中心「梅田」から電車で南に20分ほど下った、下町風情が色濃く残るまちです。
拠点を構えて5年近くになるので、愛着もかなり湧いてきました。
歩けば、ほぼ確実に誰か知り合いに遭遇します。


近年はチェーン系の店舗が新築されたり、個人経営の飲食店などもちょこちょこ増えつつあり、
盛り上がりをみせつつあります。


しかし、市内の人にとっては、認知度はまだまだ低いという現状があります。
高速道路乗り口もすぐ、駅もある、スーパー徒歩圏内に5つあるし、ホームセンターも2つあったりして、めっちゃ便利なまちなんですが・・・。


s_1_IMG_6559.jpg
(まちの風景)


そんな北加賀屋では、2009年より千島土地株式会社が主体となって「クリエイティブビレッジ構想」が推し進められています。
これは、地域に多く現存する「遊休不動産」のうち、「そのままではなかなか一般の人に住居や店舗としての利用は見込めない」物件を、
・リノベOK、現状復帰不要
・家賃サポートあり
・家具や古材の提供あり
などの条件付で、クリエイター向けに貸し出し、北加賀屋を新しい文化の発信拠点として捉え直し、
様々な人と文化の流れを生み出し、まちを元気にしていこうというものです。
詳細→ 北加賀屋つくる不動産


s_11825730_936100209765452_3462009026401677918_n.jpg

(最近完成した「paper C / SPECIAL ISSUE」。千島土地が立ち上げた「おおさか創造千島財団」が発行。関西のアート文化を発信するフリーペーパー。→リンク(paperC バックナンバー


僕たちもその構想のひとつの物件をお借りし、現在まで活動しています。
ほんと、ありとあらゆる大小様々な部分で力をお貸しいただいており、すっかり北加賀屋に根付いてしまいました。まちの人は、いろいろくれるし、面白い話(たまに既に聞いた同じ話)を聞かせてくれるし、温かく見守ってくれることもここまで活動できた大きな理由です。


そんなこんなで構想スタートから6年経ち、今では30人を超えるクリエイターが北加賀屋に拠点を構え出しています。

- - - - - - -

今回つくる広報誌は、そんなクリエイターの方々の意見や視点を取り入れて、まちのユニークな場所も紹介できればと思っています。

とはいえ、実は僕たちも知らない / まだ会えてないクリエイターの方が多いよな..ということで、まずは交流会を開催させていただきました。
北加賀屋に拠点を構えたり、住んでいるクリエイター全員に声をかけさせていただき、
北加賀屋の隠れスポット「Bridges」で、BBQ。
中山製鉄所を木津川越しに望む、絶景のリバーサイドスポットです。
(本当に隠れスポットなので、一般公開されていません。Bridgesでお酒を飲みたかったら、北加賀屋に拠点を構えてください。笑)

s_IMG_3967.jpg

s_IMG_3986.jpg

s_IMG_3965.jpg

s_IMG_3945.jpg

s_IMG_3937.jpg

s_IMG_4044.jpg


BBQとお酒で盛り上がりながら、北加賀屋のマップを広げて、みなさんのおすすめのスポットなどを紹介してもらいました。


s_IMG_0802.jpg

s_IMG_0805.jpg

s_IMG_0808.jpg

s_IMG_4129.jpg

s_IMG_4162.jpg

s_IMG_4190.jpg

s_IMG_4542.jpg

最近北加賀屋にやってきた方から、5年前から北加賀屋にいたけどやっとお会いできた方、2,3年ぶりの再会など様々な出会いがありました。
普段同じまちで活動していても、なかなかこういう交流の場がないと会わこともないよなと実感&反省。
これだけ面白い人が集まっている力を、もっと活かしあっていくことが、これからの構想の方向性のひとつかなと思いました。


実際、皆さんと話してみると、それぞれまちに対する想いを持っていらっしゃり、ワクワクしました。
もっと対話の場を持ち、パッと気軽に動いてみることができればいいですね。


不動産、住民の受け入れ度合い、周辺環境など、これだけ自由に活動できる素地のあるまちは珍しいので、北加賀屋絶対これからアツいと思っています。

興味がある方は、まずはこちら(→おおさか創造千島財団)や、こちら(→北加賀屋つくる不動産)をチェックしてみてください。ここに載っていない物件もたくさんあるハズですので、WEBにぴったりの物件がなくても諦めず、問い合わせてみてください。


マップは9月には完成しますので、また完成したらご紹介します。
市内を中心に、文化施設や飲食店で設置予定なので、見つけたら是非手にとってもらえると嬉しいです。

s_IMG_3918.jpg

2015.08.04 12:48 / works
2015.07.16

妙見の森にありがとうフェスティバル

myouken_1.jpg

関西テレビ放送が主催する、能勢妙見山の自然に触れ、恵みに感謝し、森の未来について考えるイベント「妙見の森にありがとうフェスティバル」のポスターとフライヤーをデザインをしました。

s_IMG_0702.jpg

s_IMG_3815.jpg

s_IMG_3826.jpg

大阪府北部に位置する能勢・妙見山は、ブナ林や台場クヌギ、ゼフィルスの森などが生息する貴重な自然の宝庫。ブナの木の植樹式や有識者によるシンポジウムをはじめ、子どもも楽しめるオーガニックのマルシェなどを通して、多くの方に森や自然について知っていただき、共に森の未来を考えます。



s__IMG_0763.jpg

紙面のメインとなるイラストはそういったイベントの趣旨をふまえ、大人から子ども、自然や動物が一緒に小さなブナの木を見守り、今ある自然に感謝している様子を表現しています。


------------------------------

実施時期|2015年4月
担当分野|グラフィック / イラスト / コピーライティング
クライアント|関西テレビ放送株式会社

------------------------------




その他のコトハナのワークは、下記URLよりご覧になれます。
http://cotohana.jp/works




社会課題に、デザインを。NPO法人Co.to.hana|http://cotohana.jp
2015.07.16 19:23 / works
2015.05.30

KAERU CAMP

ss_10380984_975078619175563_6392848014908737479_n.jpg

復興庁が主催する、東北の復興や高校生のまちづくりへの参画意欲促進を目的に、高校生のアントレプレナーシップを育成するキャンププログラムです。宮城県・女川町を舞台に、有志の大学生と共に企画・運営を行い、地元企業・団体と協働して開催しました。

ss_10433821_10202683768769648_4549412390976818841_n.jpg

2泊3日のプログラムの中で、4つのチームに別れた高校生が女川町の課題である「プロムナード」「仮設住宅」「ホヤ」「ツアー」の課題解決に向けた企画提案に取り組みました。


ss_20150529072331.jpg

フィールドワークを通してリサーチを行い、収集した情報を元に提案を作成。最終日には女川町長や地域の方々、企業、団体などを招待して事業案を発表。

町長からは、「創造以上の面白く、実現性の高いアイディアが多かった。まちが目指すまちづくりと方向性が同じで、提案をできるだけ形にしていきたい。」という講評もいただきました。

ss_20150529072441.jpg

今回のプログラムは、地元メディアに多数取り上げていただきました。

20141104ishinomaki.jpg
(クリックして拡大)


いしのまきカフェ「 」からスタートした“かぎかっこPROJECT”の活動は、毎年どんどん広がってきています。
今年度はこのキャンプ中に生まれた企画の一部を実現させるために、プロジェクトを進めて行きます!



------------------------------

実施時期|2014年11月
担当分野|企画・運営 / ディレクション / ワークショップ
主 催|復興庁(「新しい東北」先導モデル事業)
企画・運営|かぎかっこPROJECT(NPO法人スマイルスタイル / NPO法人Co.to.hana)
助 成|宮城県(みやぎ地域復興支援援助助成)
協 力|女川町 / NPO法人アスヘノキボウ / 女川みらい創造株式会社 / 女川町社会福祉協議会 / 株式会社岡清

------------------------------




その他のコトハナのワークは、下記URLよりご覧になれます。
http://cotohana.jp/works




社会課題に、デザインを。NPO法人Co.to.hana|http://cotohana.jp

2015.05.30 11:13 / works
2015.05.14

CHASHITSU for worker 紹介冊子

大阪・本町に拠点を構える、「働く」「仕事」の情報発信基地・ハローライフ。この1階にある、働く人のための日本茶カフェ“CHASHITSU for worker”の紹介冊子をデザインしました。

chashitsu_1.jpg

CHASHITSU for workerは、仕事の疲れをリフレッシュさせる効能をもつ日本茶ドリンクのほか、ワーカーのためのフードやスイーツなどを提供。カフェの空間も含め、それらは全て「茶室」の精神に基づいて考えられており、日本ならではの世界観を発信しています。



chashitsu_3.jpg

冊子は、そういった日本の美意識や繊細さを視覚的に伝えるため、シンプルな表現に。カフェのメニュー表は、内容がこまめに変更になるため、その都度プリントして張り付けられるようにデザインしています。

chashitsu_7.jpg


------------------------------

実施時期    2014年12月
担当分野    グラフィック / コピーライティング
クライアント NPO法人スマイルスタイル

------------------------------



その他のコトハナのワークは、下記URLよりご覧になれます。
http://cotohana.jp/works



社会課題に、デザインを。NPO法人Co.to.hana|http://cotohana.jp
2015.05.14 10:49 / works
2015.05.08

シェアサイクリングマガジン Ring Ring

元ホームレスの“おっちゃん”たちが運営するシェアサイクル「HUBchari」の利用者を増やすことは、ホームレスの再就職のチャンスを生むことに繋がります。そこで今回、ホームレス問題に取り組むNPO法人Homedoorからの依頼で、HUBchariを利用することで大阪の魅力を自転車で体感できるサイクリングフリーペーパーを作成しました。

hubchari_1.jpg

hubchari_2.jpg

ポートを出発点とした仮想コースを設定し、終着点までにあるお店や場所、大阪で活動する人を紹介しています。こうして読者と街とHUBchariを「つなげる」ことで、利用者を増やすきっかけになるようデザインしました。

hubchari_5.jpg

「RingRing(リン・リン)」は、ポートの間にある大阪の魅力をリングのように「つなぐ」という想いと、ベルを鳴らして軽快に自転車で街を走るイメージから名付けました。読者が少しでも大阪の魅力に気付くことで、社会にいい影響が与えられるのではと考えています。

hubchari_7.jpg


------------------------------

実施時期 2014年12月
担当分野 企画 / 編集 / 撮影 / コピーライティング
発行 NPO法人Homedoor
助成 環境省 地域における草の根活動支援事業
イラスト 望月 梨絵

------------------------------



その他のコトハナのワークは、下記URLよりご覧になれます。
http://cotohana.jp/works


NPO法人Co.to.hana|http://cotohana.jp
2015.05.08 13:29 / works

top

Powered by さくらのブログ